フトアゴヒゲトカゲ飼い方

フトアゴヒゲトカゲを購入する前の事前準備

フトアゴヒゲトカゲ購入前にする事前準備

こんにちは、管理人ちゃんさんです。

フトアゴを購入する時は事前準備が必要です

今回はフトアゴ購入前にどんな準備をすれば良いかを解説していきます!

ちゃんさん
ちゃんさん
大切に育てるための準備だよ!

 

事前準備が必要な理由

まずは飼育セットを購入しましょう。

フトアゴ飼育セット

生体を買う時に一緒に買えばいいじゃん!と思う人もいるでしょう。

でもそれだと温度管理のテスト運転ができません。

ライトを付けてみたらケージが温まりすぎて50℃以上!フトアゴも干物昇天コース

保温器具が弱くケージが温まらないとフトアゴも体調を崩してしまう。

しっかり温度管理ができているかの事前テスト運転が必要なのです!

あごきち
あごきち
しっかり準備してな!

 



購入するもの

ケージ

フトアゴ飼育器具ケージ

まずはフトアゴの家になる飼育ケージです。

サイズはW600×D450×H450mm以上を選んであげましょう。

それより小さいサイズだとケージ内に温度勾配を付けにくいので、フトアゴの快適な生活の為に大きいものを選びましょう。

普及しているケージはジェックスのエキゾテラ グラステラリウム

全面ガラスでもしっかりしていて、フトアゴ観察もしやすいです。

あごきち
あごきち
僕の家はW900×D450mmサイズだね!

 

保温器具

フトアゴ飼育器具保温器具ダントツ

ケージ内部を保温するのに欠かせないのは保温器具です。

保温球タイプ or 遠赤外線タイプ(ダントツ)を選びましょう。

パネルヒーターは大きいケージを温めるのに不向きなのでやめましょう。

ダントツの方が電球切れの心配もなく、電気代も安いのでおすすめです!

保温球タイプは点灯時に水がかかると割れる可能性があります。

ちゃんさん
ちゃんさん
僕はずっとダントツ愛用者!

 

UVライト

フトアゴ飼育器具UVライト

フトアゴは紫外線に当たらないと骨をうまく成形することができません

蛍光管タイプ、電球タイプのどちらでも大丈夫です。

紫外線が一番強く出るライトを使ってあげましょう!

ちゃんさん
ちゃんさん
電球タイプがコンパクトでおすすめ!

 

バスキングライト

フトアゴ飼育器具バスキングライト

「消化を促すために局所高温を作る」のがバスキングライトの主な役目です。

W数によって熱量が違いますが、夏場は50〜75W・冬場は75〜90Wくらいを使ってあげましょう。

バスキングライトのハイパーサン

またバスキングライトにはUVを同時に照射してくれるものもあります

その場合はUVライト自体はいらないので、ケージがスッキリするのでおすすめです。

ちゃんさん
ちゃんさん
現在はUVの出るハイパーサン80Wを愛用中!

 

電球ソケット

ソケットが無いとライトは点灯しません。

爬虫類飼育用クリップ式を購入しましょう。

爬虫類用のケージは基本的にクリップを止める金具が付いてきます。

 

サーモスタット

サーモスタットはケージの温度を自動で管理してくれます。

温度が上がり過ぎたら保温器具をオフ、下がり過ぎたらオンにしてくれます。

UVライトやバスキングライトを時間でオンオフできるタイプが使い勝手が良いのでおすすめです。

 

温度計

温度計でケージ内の温度を計りましょう

デジタル温度計で水温も計れるものをおすすめします。

温浴の時に便利です。

 

餌入れ

餌を入れる器を用意しましょう。

ずっと同じ餌入れを使うと、フトアゴが覚えて持ってるだけで寄ってきますよ。

ちゃんさん
ちゃんさん
100均の器でもOK!

 

各種レイアウト

フトアゴ飼育器具レイアウト流木

バスキングスポットにはお腹を温めやすくする為に温まりやすい石などを置きましょう。

休憩スペースとして日陰ができるシェルターを置いてあげましょう。

フトアゴは半樹上性なので流木などの抱きつけるレイアウトを置いてあげましょう。

 

試運転をしよう!

フトアゴのキングポーズ

必要な道具が揃ったら、保温器具やライトの試運転をしましょう。

バスキングスポットを約37℃、バスキングスポットから一番遠いところを26〜28℃程にしましょう。

バスキングスポットの温度が高すぎる場合、ライトの高さを調節したり、W数を下げましょう。

また、サーモスタットを使って目標のケージ内温度を目指しましょう!

フトアゴは少しの温度変化には強いので、そこまで神経質にならないで大丈夫!

夏場で温度が上がりすぎる・冬場で温度が下がりすぎる場合、
エアコン・サーキュレーターで調整してあげましょう。

ちゃんさん
ちゃんさん
試運転ができたらお迎え準備完了!

 



まとめ

事前準備できましたか?

あごきち
あごきち
買う前からやることが多いな…

 

実際フトアゴの体は強いので、冬場でなければ基本的な道具があれば問題なく飼育できると思います。

万が一ということもあるので、事前準備をしっかりしてフトアゴを迎えてあげましょう!

 

フトアゴヒゲトカゲの飼い方リスト】へ戻る